刺しゅうを使ったビジネスモデルを考察する。

22

前に紹介した記事

刺しゅうにもビジネスモデルがあります。でも少し触れましたが、

今回はもう少し詳しく考えてみましょう。

 

【オンラインストア】

前に紹介しましたランズエンドさんでは、あらかじめ
モチーフを刺しゅう化されていて、お客様の気に入った
アイテムに刺しゅうが施されるようになっています。

 

ランズエンドさんのように、テーマに沿った刺しゅうデーター
をストックしておくと、サンプルとして提示しながらお客様に
完成された製品のイメージを想像させることができ、
お客様の購買意欲を高めることができます。

 

オンラインストアではできるだけ多くのモチーフを
見せるのがいいと思います。

 

ただ、モチーフを作るためには刺しゅうデーター作成の技術が
必要になってくるので、刺しゅうデーターを作成できる人を
養成するか、刺しゅうデーターを作成する専門業者さんに
外注する必要があります。

 

ランズエンドさんのようにアイテムごとに沢山のモチーフを
作成するのは大変な作業になりますが、

 

レタリング(文字)などは予め刺しゅうデーター作成ソフト
に登録されているものもあるので、上手く活用していただけば、

データー作成の手間を省くことができます。

 

刺しゅうを用いたカスタマイズしたアイテムは如何に作業に

かかる手間を省けるかが成功のカギになります。

 

 

 

関連記事