糸に関する大問題!

16

うっかりしてました!

フォト刺繍についていろいろ書いてきましたが、私と同じ方法でフォト刺繍を作ろうと思ったら、いきなり数百色の糸が必要になるということをこれまで一度も説明したことがありませんでした。すいません!

私がフォト刺繍を始めて10年。これまでどうしたらフォト刺繍のクォリティが向上するのかについて書いてきました。初めの頃は私自身の奮闘記みたいなものでしたが、フォト刺繍作品が少しずつ注目されるようになるにつれて、私がどうやってフォト刺繍を作っているのかについて関心を持つ方も増えてきました。

そこで私のブログも自分の奮闘記を交えつつ、技術的な内容の記事も書くようになりました。私のブログを見に来る人は基本的に刺繍経験者で、刺繍の事はひと通り知っている方じゃないかなと考えていたので、初心者の方に分からない話(基本的にフォト刺繍の話は分かりにくい)が多いと考えていました。

ところが、フォト刺繍を始めたいという初心者の方も増えてきていて、機械屋さんの私が情報発信している事もあるのか、『刺繍機さえ買ったら簡単にできる』と思われる方もいらっしゃるのです。

確かに、フォト刺繍は原理は簡単で画像を刺繍ソフトで刺繍のデータに変換し、糸を選んで刺繍機で刺繍するだけです。ですから、誰にでも作ることはできます。ただし、品質を考えなければ。

この10年間、あーでもない、こーでもないと書き綴ってきて根本的にスタートの時点でまとまった色数の糸がないと何もできない!こんな大事なことをこれまで一度も書いてませんでした。本当にすいません。

関連記事