刺繍が苦手なグラデーションを表現してみました。

223

uma2

 

今年は午年。展示会の実演柄を『馬』をテーマに作成しようということでいろいろ検討した中に

上のような馬のモチーフにグラデーションを使った画像がありました。

とてもきれいな画像なんですが、これを刺繍で表現しようとすると、部分的に難しいところが

あります。

色数も最大で15色までに限定されるので通常の刺繍では難しいのですが・・・・・

uma2a600

 

即席でやってみました。上の刺繍は大きさ20×30(単位cm)針数70000針。

そして、問題の色数は12色です。弊社にある刺繍機が12色なのでフォトステッチのように糸の立て替えを

しないで、やってみました。

どうでしょうか。データー作成から刺繍完成まで4時間程度。

データー作成にはいわゆる、『自動デジタイジング』系の機能を使用しています。

限られた色数でありながら、可能な限り色の継ぎ目がわからないように工夫されており、こんな表現ができると

自動デジタイズもまんざらではないなあと感心してしまいます。

 

 

 

関連記事