これからはデザインの時代だそうです。

180

TMAR2

上の写真、このブログのために私が作成したものです。

ご存じない方もいらっしゃるでしょうが、9月より発売されるタジマの最新鋭刺繍機(刺しゅうミシン)

TMAR-Kシリーズです。

注文受付始まってますので、詳しいことは弊社へご連絡くださるとありがたいです。

で、今回はこの刺繍機の宣伝の話ではありません。

このブログのテンプレートは購入したものをそのまま利用してますが、

構図や画像の配置、文字間などのレイアウトは私(樋口大といいます。)が作成しております。

なぜ黒いバックにしたのか?タジマのロゴを背景に置いてるのか?

そういった部分は専門的にはデザインではなく、アートの部分に関係していて、

ある意味、「自己満足の世界」というわけです。

つまり、完全に私自身のこだわりであり、万人に受け入れられるものではありません。

しかし、「デザイン」とくにレイアウトはある方程式に当てはめることで

誰の目にも見やすく、読みやすくできるそうです。

つまり、デザインは「論理」で成り立っており、誰でも学習さえすれば使用することが

できるのだそうです。

友人のグラフィックデザイナーから教えてもらったことなんですが、

そのことを教えてもらったのは先週の日曜日。

友よ、どうしてそんな大事なことを先に教えてくれないのかっ!

で、このデザインですが、刺しゅうの世界でもきわめて重要になってきています。

刺しゅうではデザインと言わずに「刺しゅうデータ」といいますが、

次回は「刺しゅうデータ」について書こうと思います。

関連記事